通販でも正規品が買える|通院せずに効く睡眠薬を買う方法

疲れて眠りたいのに眠れない・・・
眠れないことを誰にも相談できずにいる・・・

不眠の症状に悩まされている人はなんと日本人の5人にひとり。(※厚生労働省 みんなのメンタルヘルス総合サイト

ごく一般的な病気といってもいいくらいですが、すべての人が病気として向き合い積極的な治療を行えているわけではありません。

不眠症である以上確実に眠るために睡眠薬は欠かせませんが、医療機関で処方してもらう睡眠薬がネット通販で買えることを知っていますか?

スマホでポチっとするだけで睡眠薬が買えるなら、不眠症とのつき合いはもっとラクになるはず。
正しい効果をもつ睡眠薬を購入する方法についてご説明します。

医療用の睡眠薬を通販で買う方法

2014年6月に薬機法が改正されて以来、楽天やアマゾンといった通販サイトで医薬品が販売されるようになりました。
しかしここで購入できるのは一般用医薬品といって、ドラッグストアでも買える市販薬のみ。
不眠症を積極的に改善するための医薬品は、購入することができません。

眠れないという症状に正確にアプローチし、確実な効果を発揮してくれる睡眠薬を買うための手段とは・・・?

海外の医薬品を輸入することです。

 

睡眠薬を通販する方法

海外製の睡眠薬という選択肢

個人輸入」という言葉を聞いたことがありますか?
文字通り個人で輸入を行うことで、薬機法では「一般の個人が自分で使用するために医薬品等を輸入する場合、特例的に税関の確認を受けたうえで輸入することができる」とあります。

特例とは、

・一度の輸入量は、毒薬、劇薬または処方箋薬は用法用量からみて1ヵ月分以内
・他人に売ったり譲ったりしてはいけない
・ほかの人の分をまとめて輸入してはいけない
・国内では医薬部外品に分類されていても、個人輸入では医薬品と同じ扱い 
(※厚生労働省

睡眠薬のためにわざわざ個人輸入する理由は、処方箋がなくても購入できるから。
医療用医薬品を服用するためには、原則として医療機関を受診して処方箋を出してもらう必要があります。
しかし海外医薬品の場合、日本からの処方箋がなくても注文が可能。
薬についての基本的な知識を持っていることが前提ですが、病院へ足を運ぶことなく医療用の睡眠薬を試すことができるのです。

精神科や心療内科を受診することに抵抗がある、病院で人目につきたくはない、忙しくてなかなか通院の時間がとれないという人たちにとって、通販で睡眠薬が買えるというのは大きなメリットとなるはずです。

個人輸入代行専門の通販サイトを使う

個人輸入と聞くと「なんだか大変そうだなぁ」という印象を持つかもしれません。
しかし個人輸入代行業者によるウェブサイトを利用すれば、海外医薬品を通販という形で輸入することができるのです。

医薬品を輸入するためには、

・取引相手となる海外のメーカーをピックアップする
・外国語で注文や発送の手配を行う
・通関に必要な手続きを行う

といった面倒が発生しますが、これをすべて引き受けてくれるのが個人輸入代行業者

サイト上には商品として医薬品がラインナップしていて、利用者はそこから欲しい商品=睡眠薬を選んで注文するだけでOK。
注文内容はそのまま海外へ伝えられ、商品は現地からダイレクトに発送されます。

海外発送ですから到着までに1~2週間ほどかかりますが、それ以外はごく普通のECサイトと同じ。
スマホやパソコンがあればちょっと手が空いた時間で注文することができて、自宅に届けられるのを待つだけです。

 

不眠症を改善するために

海外の医薬品通販を利用すれば、処方薬として用いられている睡眠薬がネットで買えることがわかりました。
もちろん海外通販にこだわらなくても、睡眠薬を買うことはできます。

眠れないことはあるけど、病院にいくほどでもないかなという時期であれば、市販薬を試してみるのもいいかもしれません。
ドリエルに代表される市販薬は、一時的な不眠症状の改善のために作られた睡眠改善薬
より多くの症状に適応できるよう作られているので、効果を感じる人とそうでない人がいます。

眠れない日が頻繁に起こっていて長期化しそうであれば、病院を受診しましょう。
精神科はちょっと・・・という場合は内科でも睡眠薬を処方してもらえますし、女性なら婦人科やレディースクリニックに相談してみるのもアリ。
自分の症状について対面で相談できますし、個別の症状に最適な薬を処方してもらえます。

通院に抵抗がある人や、すでに受診したことがあって使うべき睡眠薬がわかっているという人は、個人輸入の代行サイトを活用してみましょう。

どんな方法を選ぶにしても、まずは不眠症を受け入れて眠るためにできることを考えること。
そして睡眠を得るためのアクションを起こすことが、不眠症改善へのスタートなのです。