睡眠薬のタイプと副作用について

睡眠薬の種類と副作用について

ひとくちに睡眠薬といっても、体内でどんな働きをするのかによって種類は異なります。
作用の強さや持続時間、服用時の影響といった特色を把握し、自分に適した薬選びに役立てましょう。

GABA受容体作動薬

ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系にわけられますが、作用機序はほとんど同じ。
非ベンゾジアゼピン系は筋弛緩作用が少なく、ふらつきや転倒といったリスクが軽減されています。

【作用】
医療機関で用いられる睡眠薬の多くはGABA受容体作用薬です。
活発な脳の働きを落ちつけて、緊張・興奮状態を緩和。催眠作用や筋弛緩作用があり、心身ともにリラックスした状態にすることで入眠を促します。

作用時間の長さによって、超短時間型・短時間型・中時間型・長時間型に分類。
超短時間型は即効性が高く、薬のキレがいいという特徴を持ち、作用時間が長くなるごとに効果の発現が遅くなって薬の持ち越しも起こりやすくなります。

【副作用】
めまいやふらつき、翌日の眠気などには注意してください。
速く効く薬剤は健忘が起こりやすく、服用してから眠りにつくまでのことを覚えていないという状況が見受けられます。

ふらつきが起こりやすく無意識な状態というのは非常に危険なので、運転や料理は絶対にしてはいけません。
安全に就寝できる環境を整えておき、睡眠薬を服用したらすぐに横になるようにしましょう。

メラトニン受容体作動薬

飲んですぐに眠くなるといった強制的な作用はありません。
ロゼレムという商品名で(有効成分はラメルテオン)、流通しています。

【効果】
メラトニンは、体内時計のリズムを整えるために必要なホルモンの一種です。
年齢を重ねるごとにメラトニンの分泌量は減少していき、朝起きて夜眠るというサイクルが乱れがちに。
メラトニンが働きやすい環境を整えることで、自然に眠れるリズム作りを目指します

【副作用】
もともと身体に備わっている機能をサポートする薬なので重篤な副作用は報告されていませんが、傾眠や頭痛が認められています。

朝になっても眠気を引きずっていたり、日中に眠くなることがある場合は、服用量を減らしたり服用時刻を早めたりといった対応をします。

睡眠改善薬

睡眠改善薬(市販薬)にはいくつか種類がありますが、ここではもっともポピュラーなドリエルについてご紹介します。

【効果】
有効成分はジフェンヒドラミン塩酸塩
鼻炎薬や総合風邪薬における眠気が起こるという副作用を、効果として作られた商品です。
抗ヒスタミン剤といわれ、脳を興奮・覚醒状態にするヒスタミンの働きを抑制して眠りやすくするのがおもな役目。
脂溶性が高く脳に入っていきやすいので、脳内のヒスタミンに作用して入眠を促進します。

【副作用】
吐き気や嘔吐、食欲不振のほか、発疹・発赤、かゆみといった皮膚症状が報告されています。
スッキリと起きられなかったり、日中に眠くなることも。
気になる不調が現れた場合は服用を中断し、医療機関を受診しましょう。