アモバンは通販NG。買うならルネスタ、ハイプナイト

スピーディーな入眠作用で評判の睡眠薬にアモバンがあります。
服用後15~30分ほどで効果が現れはじめるので、入眠障害で悩む人にピッタリ。
不眠症で医療機関を受診して処方されたという人は多いでしょう。

効果がわかりやすい睡眠薬ですが、向精神薬に指定されているので一度で処方できる分量には上限があり、個人輸入(通販)も禁止。

ほかに速く効く睡眠薬はないの?という人におススメなのが、ルネスタという睡眠薬。
アモバンの改定バージョンとして用いられ、味覚障害(苦味)やふらつきといった副作用が軽減されているのが特徴です。

ルネスタの効果

ルネスタの効果とは
ルネスタの主成分はエスゾピクロン
アモバンを作っていたゾピクロンのなかで、睡眠作用に特化した部分です。

エスゾピクロンが体内に吸収されて作用のピークを迎えるのが服用後30分~1時間後。そこから4~5時間かけて、成分が抜けていきます。

つまり、速い人なら服用後30分ほどすれば眠気が訪れるということ。
「眠りたくても眠れない」という入眠障害に最適な睡眠薬といえます。

効きが早い分、薬のキレがいいのもルネスタの特徴。
スムーズに寝つけて寝起きはスッキリ、日中に眠気をひきずることもあまりありません。

ルネスタの副作用

ルネスタの副作用

睡眠薬のなかでは比較的安全性が高いとされるルネスタですが、気をつけるべき副作用はあります。

服用タイミングが遅く、起床時刻が早い場合には、翌日にふらつきやめまい、眠気といった影響が起こりやすいので注意が必要です。
危険度が高いのは、前向性健忘という記憶障害。
薬が急速に効いていく過程で脳の一部分で中途半端な覚醒状態になり、服薬してから就寝するまでの数十分間のことを覚えていないという症状です。

知らないうちにお菓子を食べていた友達に電話していたなど、翌朝になって気づくことが多いよう。
周囲からは起きているように見えても無意識の行動なので、乗り物の運転や料理などに手を出していては非常に危険です。

ケガや事故を防ぐためにも安全な就寝環境を整えたうえでルネスタを服用し、すぐに横になることを心がけましょう。

ルネスタのジェネリック・ハイプナイト

ルネスタは先発薬で、すでに特許は失効しています。
さまざまなメーカーからジェネリック医薬品(後発薬)が製造・販売されていて、中でもインドのコーンサーン・ファーマによるハイプナイトが評判。

日本では未発売なので、購入方法は個人輸入オンリー。(個人輸入については、「海外製の睡眠薬に注目」のページもご覧ください)
ルネスタと同じように優れた即効性をもっているので効果が実感しやすく、用量のバリエーションが多いのも特徴です。
1mg、2mg、3mgがあり、はじめて睡眠薬を使ってみるという人にもトライしやすい商品展開。
効果や副作用はルネスタと同じ、つまり処方薬と同じなのも安心できるポイントです。

「横になったらすぐに寝つけるようになりたい」
「睡眠薬のために通院を続けるのは大変・・・」

そんな人は、通販で買えるハイプナイトを試してみてはいかがでしょうか。

ハイプナイト
ハイプナイト

 

ルネスタのジェネリックであるハイプナイトは、インドのコンサーンファーマ社が製造・販売を手掛けています。
即効性が高く、入眠障害で悩んでいる人におススメの睡眠薬。
1mg~3mgまで展開されているので、少量から試してみたいという人にも使いやすいのが特徴です。