個人輸入という通販のメリット・デメリット

通販で睡眠薬が買えるのは、個人輸入という手段で外国製の医薬品を取り寄せているから。
個人輸入代行の専門サイトを利用すれば、ごく一般的な通販サイトで買い物をするのと同じくらいカンタン。
しかし気軽に注文できるからといって、国内サイトのように安全とは限りません。

国外のメーカーから睡眠薬を買うということ、顔を合わせることのない相手と取引するということの裏には、大きな危険が隠れているのです。

個人輸入で睡眠薬を買うことのメリットとデメリットを確認し、通販を上手に使いこなしましょう。

個人輸入のメリット

個人輸入のメリット

海外の睡眠薬を通販購入することのメリットは、大きくふたつ。

・通院の手間が省ける
・医療費を節約できる

個人輸入において、医薬品の購入に処方箋は不要。
ですから病院を受診して、処方箋を出してもらう必要はありません。

仕事のスケジュールを調整し、多忙な毎日のあいまを縫って通院のために時間を作らなくていいのは、働く大人にとっては大きな利点です。
精神科に通っていることを誰かに知られると心配することもありません。

ネット受付なので、営業時間を気にすることなく24時間いつでも注文できるのは便利ですよね。

次に、海外にはさまざまなジェネリック医薬品が広まっているのも重要なポイント。
ジェネリック医薬品はすでに有効性が認められている薬を再開発した後発薬。
開発費用が大幅に抑えられているので、販売価格も非常にリーズナブルです。

国内の医療機関で、「ジェネリックを希望しますか?」と尋ねられたことがある人もいるのではないでしょうか。
効果があるとわかっている睡眠薬を安く買えるなら、そちらを選びますよね。

日本では認可されていないジェネリック医薬品も海外にはたくさん広まっていて、通販なら日本人でも購入できます。
通販でジェネリックを買えば、薬代だけでなく通院時に請求される診察代金や検査費用、調剤費などの不眠症治療にかかる費用がすべてナシに。
医療費の大幅なカットが可能となります。

睡眠薬の購入にまつわる物理的・経済的負担を減らせることが、個人輸入のプラス面というわけです。

個人輸入のリスク

個人輸入のリスク

では個人輸入におけるマイナスポイントとは?

代金を振り込んだのに商品が届かない・・・
買った睡眠薬を飲んだけどまったく効果がない・・・
服用しはじめてから体調が悪くなった

悪徳サイトに引っかかってしまったら、詐欺に巻き込まれたり偽造薬・粗悪品のせいで重篤な健康被害を負う可能性があるということ。

法律の範囲内で営業しているサイトなら、詐欺のカモにされることも粗悪品が届くこともないはずです。
では信頼できる業者は、どんなサイト運営を行っているのでしょうか。

・特定商取引について明記されているか
→ 業者の所在地や連絡先、代表者名、事業内容について記載することは、ネットで商売する際の義務です。

・代金の支払いにクレジット決済が可能か
→ クレジット機能を導入するためにはカード会社による審査が行われるので、社会的に信用されているサイトだと考えられます。

・電話で対応してくれる
→ メールの問い合わせフォームはもちろん、電話でのサポート体制がとられていれば疑問やトラブルがあってもすぐに対応を求めることができます。

・商品価格が安すぎない
→ 安く買えるのはうれしいことですが、あまりに安すぎるのは要注意。偽装品・粗悪品のリスクが高まります。同業サイトをいくつかのぞいてみて、欲しい薬の相場を把握しておきましょう。

上記の項目以外にも、利用者とのあいだでトラブルが起こっていないか口コミに目を通しておくのもおススメ。
運用歴が長いサイトは信用度が高いとみていいでしょう。

さまざまな角度からチェックし、適正な営業を行っている業者を見極めることではじめて、安心して通販を利用できるのです。